お問い合わせ

子どもの未来を見つめよう~

5年後10年後子どもたちが

健やかに育つ会・杉戸

 

福島第一原発の事故により、放射性物質が 私たちの住む町にも降り注ぎました。 政府は影響がないと言いますが、本当に大丈夫なのでしょうか?

過去の事例に学んだ時、低線量被ばくでも数年後・数十年後に 様々な健康被害をもたらす可能性がある事が分かります。

こどもたちがこれら先もずっと健康で過ごす事ができますように、今大人達が何をすべきか、一緒に考えていきませんか。

 

お問い合わせはこちら からお願いします 。




子ども埼玉ネットバナー画像

 

5月19日(土)「子どもたちを放射能から守る埼玉ネットワーク」発足イベント

子どもたちを放射能から守るため埼玉県内の各地域で活動してきた団体がつながりネットワークを作ります。 

 「子どもたちを放射能から守る埼玉ネットワーク」発足イベント

放射能から守りたい こども・命・未来

 

 

【日 時】5月19日(土)

 

<第一部> つながる

10:00〜(会場受付9:30〜)

 

開会の挨拶(呼びかけ人より)

登録団体のご紹介

団体の活動発表(各10分)

・嵐山の自治体対策 ・川口の市民との除染

・三郷の現状 ・吉川の自治体の除染 

・埼玉県のがれき受け入れ問題

・越谷の給食対策 ・原発国民投票について(5分)

 

11:15 交流会(グループに分かれてトークセッション)

12:10 休憩

 

<第二部> 知る

13:00〜  武藤類子さんのお話(14:00〜休憩)

                    「福島からあなたへ」

14:10〜  山田真先生の講演会(15:10〜質疑応答)

                    「こどものいのちを守るために」

 

16:00 閉会の挨拶(実行委員長より)

 

【場 所】  越谷市中央市民会館 劇場 048-966-6622

       東武伊勢崎線越谷駅徒歩7分・越谷市越ケ谷4-1-1 

       駐車場は有料です、公共交通機関または乗り合わせでお越し下さい。

【参加費】  無料 生活クラブ生協のエッコロ基金より助成を受けて開催 します。

【定 員】  300名 お子様連れ可

      (託児はありません  お子様のおもちゃなどお持ちください)

 

【申し込み】 埼玉ネットhpお申し込みフォームよりお申し込みください。

         定員に達し次第〆切ます。

 

【昼食について】会場となる劇場では飲食が禁止となっています。2階〜5階のロビーにはソファとテーブルのセットがあり、休憩できるようになっております。自販機もあるので飲食はそちらで行ってください。お天気がよければ、すぐ裏が川で芝生広場もあります。越谷駅周辺には多少おにぎりやお弁当を購入できる場所がありますが、会場周辺には近くにお店がありません。なるべくご持参くださいますようお気をつけください。

山田 真(やまだ まこと)

子供たちを放射能から守る全国小児科医ネットワーク代表。1967年東京大学医学部を卒業。以後、東京都八王子中央診療所理事長、東京都西東京市で梅村こども診療所を運営。「障害児を普通学校へ全国連絡会」世話人。雑誌「小さい・おおきい・よわい・つよい」(ジャパンマシニスト社)の編集代表。福島でたくさんの子どもたちを診察している。

武藤類子(むとう るいこ)

ハイロアクション福島原発40周年実行委員会。1953年生まれ。養護学校教員を務めながら、チェルノブイリ事故以来脱原発運動に携わる。「原発に依存しない」生き方を実践し、2003年、福島県三春町に喫茶店「燦(きらら)を開店。去年9月、明治公園に6万人が集まった「さよなら原発」集会で福島を代表して発言。原発事故発生以来、住民や避難者の人権と健康を守る活動に奔走している。

チラシは下記よりダウンロードできます。

120519_saitamanet_omote[1].pdf
PDFファイル 668.3 KB
120519_saitamanet_ura[1].pdf
PDFファイル 615.1 KB