お問い合わせ

子どもの未来を見つめよう~

5年後10年後子どもたちが

健やかに育つ会・杉戸

 

福島第一原発の事故により、放射性物質が 私たちの住む町にも降り注ぎました。 政府は影響がないと言いますが、本当に大丈夫なのでしょうか?

過去の事例に学んだ時、低線量被ばくでも数年後・数十年後に 様々な健康被害をもたらす可能性がある事が分かります。

こどもたちがこれら先もずっと健康で過ごす事ができますように、今大人達が何をすべきか、一緒に考えていきませんか。

 

お問い合わせはこちら からお願いします 。




子ども埼玉ネットバナー画像

 

自主検査結果 土壌・ぬか

杉戸の会メンバーによる自主検査結果を報告いたします。

 

 

【測定結果】2013年   単位:Bq/kg   調査機関:さいたまラボ

 

測定日

検体名 産地・場所 セシウム134 セシウム137 合計

1

2013年1月18日 庭の土(0-2cm)  埼玉県杉戸町 123  214  337 

2013年1月18日 玄関植木鉢の土  埼玉県杉戸町 91.6 133 224.6 

2013年1月18日 米ぬか  埼玉県杉戸町

 <6.19

 <6.90

 

 

 

やはり杉戸の土壌からは数百ベクレル/kgのセシウムが検出されました。

半減期の短いセシウム134は、セシウム137と比較して低い数値となっています。

米ぬかは道の駅でいただいてきたもので、検出下限値は6Bq/kgですが一時間測定しても検出の兆しが全くないので、時間をかけても同じ結果ではないかというお話でした。

 

これまでの自主調査結果は下記よりご覧いただけます。  

杉戸の会メンバーによる 土壌調査結果